レビトラの成分のバルデナフィルについて徹底分析

簡単に説明する

レビトラは、ドイツに本社があるバイエル社で開発されました。
バイアグラに次いで製造された世界で2番目のED治療薬で、服用して最短15分で効く即効性で大人気。
有効成分であるバルデナフィルは、バイアグラで指摘されていた弱点をカバーしようと開発が進められました。
結果バルデナフィルの成分は、効果が現れるスピード・持続時間の改善・食事の影響を受けにくいという3つのメリットを持っています。

バルデナフィルは、アメリカで承認が降りるまで5年間も臨床検査が繰り返し行なわれています。
日本で20mgの承認が降りるのも時間がかかり、即効性と効果の強さから日本人には強すぎると考えられたからです。
体格によって服用する用量が変わってくるため、はじめての方は使用感を見るためにも低用量の10mgからがオススメ。

バルデナフィルの作用は、PDE5を阻害して陰茎に血流を溜めこめるようにします。
勃起というのは、性的刺激を脳に伝えると脊髄を通して陰茎に「勃起の時間です」という合図を送ります。
陰茎の血管を拡張させるのが“サイクリックGMP”と呼ばれる物質です。
サイクリックGMPが働くと、陰茎動脈へ血流量を増やして海綿体の組織がパンパンに膨らみ、勃起するという仕組み。

ED男性は、性的興奮・刺激を与える時にPDE5と呼ばれる酵素の働きが活発になってしまいます。
PDE5は射精後、男性器を元に戻し性的興奮を鎮めるため、「勃起したい」という気持ちとは反対の作用をしてしまいます。
そこでバルデナフィルを投与することで、PDE5の働きを抑制して、サイクリックGMPの正常な働きが可能。
バルデナフィルは水に溶けやすい性質をもっているので、素早く血流量を増やして硬く強い勃起を実現します。