ジェネリック品のメリットを知ろう!

未来

ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分で作られた後発薬のこと。
販売されるまでは“医薬品機器などの品質”“有効性・安全性の確保に関する法律”に基づく厳しい基準をクリアしています。
ですが新薬よりも開発にかかる期間やコストが大幅に抑えられているので、安い価格で提供16できます。

【ジェネリック品のメリット】
・新薬より飲みやすく
→大きい錠剤を飲みやすいサイズに変更したり、苦味をコーティングで抑えたりします。

・格安で買える
→新薬は開発までに、9~17年と数百億円というかなりの費用をかけて誕生。
後発薬の場合、3~5年と開発期間が短くコストも大幅にダウンしています。
コストがかかっていないため、リーズナブルな価格で販売が可能です。

【効き目や安全性】
新薬と同等の効き目があることを確かめる、臨床試験が数多く行なわれます。
・溶出試験
酸性やアルカリ性で新薬とジェネリック医薬品の溶け方を調べる。

・品質再評価
品質を厳しく管理するためのチェック制度。

・生物学的同等性試験
血中濃度がそれぞれ同じように進んでいくのかを確認します。
一致すれば効き目や安全性が認められます。

・ジェネリック品情報の収集
販売後も使用した方が問題なく服用できているか情報を集めます。
安心して薬を届けられるように、品質を保証しています。

レビトラのジェネリック品も、1錠190円ほどと新薬より1/10の価格で購入できます。
飲みやすさに工夫されたゼリー状のED治療薬も開発され、錠剤が苦手な方でも簡単に飲めるタイプです。
服用する時に感じるデメリットを改良して、効果や服用方法に影響がないようにジェネリック品を作っています。
レビトラのジェネリック品も、世界中から人気を集めているので、気になる方はチェックしてみてください。