服用して副作用が起こった時の対策・併用が禁止されている人

チェック

レビトラを服用すると、効果の発現と同時に副作用が現れる場合があります。
【主な副作用の症状】
・ほてり
・鼻づまり
・めまい
・頭痛
・動悸
・光がまぶしくみえる
・消化不良

ほてりや鼻づまりは、服用した10%の人が感じるという報告がありました。
副作用は、レビトラの血管拡張作用により起こることがあります。
個人差はありますが、薬が効きはじめたサインでもあるので、ポジティブに捉えましょう。

【まれにみられる副作用】
・持続勃起
・循環器症状(心臓や肺)
・結膜炎・充血

発症頻度は高くなく、全体の0.01%以下だと言われています。
万が一ひどい副作用を感じた場合は、すぐに使用を中止し泌尿器へ受診してください。

【併用禁忌薬・服用してはいけない方】
レビトラの成分であるバルデナフィルは、併用禁忌薬が多いと言われています。
現在病気の治療をしている方は、併用の禁止されている薬を服用していないか・服用できる身体なのかを確認してください。
・バルデナフィルアレルギーの方は使用NG
・ニトログリセリン・亜硝酸アミル・硝酸イソソルビドなどの医薬品を使用している方
・高血圧の薬を使用している方(種類により併用不可)
・狭心症をお持ちの方
・α遮断薬を服用の方
・CYP3A4を阻害する薬を使用している方
・先天性のQT延長の方
・低血圧の方
・未成年の男性(既婚者は服用)

上記にあてはまる方は、レビトラの服用ができません。
服用できる身体なのかをしっかり確認した上で、レビトラの服用を開始しましょう。
65歳以上の高齢者も身体機能が低下しているので、通常の用量では多いことがあります。
服用する際は、医師に相談するか低用量からはじめてみてください。